ネットステッチについて3 3/4ページ

<< 前のページ  [  |  |  |  ]  次のページ >>

ブラック×シルバーリングの作り方3
13) (図15)の順番どおり左のテグスにビーズを5個通し、右のテグスに黒い新しいビーズを1個通す。
14) (図16)のようにいぶし銀の新しいビーズでテグスを交差させる。
15) (図17)のように左のテグスに黒の新しいビーズを3個通す。右のテグスは黒い新しいビーズを1個通し、次に11)で10回目に編んだモチーフのいぶし銀のビーズをすくい、さらに黒の新しいビーズを1個通す。いぶし銀の新しいビーズで交差させる。
16) 15)と同じ作業をあと9回繰り返す。11)で9,7,5,3,1回目に編んだモチーフは黒いビーズをすくう。これで3段目が完成。(図18)

図15

図16

図17
図18
17) 図18のように板状になっている編み上げたものをリング状にする。
まず、左のテグスに黒い新しいビーズを3個通し、3段目の1回目に編んだモチーフの左側のいぶし銀のビーズをすくい、さらに黒い新しいビーズを通す。右のテグスにも黒い新しいビーズを通す。
(図19)
18) (図20)のようにいぶし銀の新しいビーズでテグスを交差させる。

図19

図20
19) (図21)のように左のテグスにいぶし銀の新しいビーズを通し、次に2段目の1回目に編んだモチーフの右側のいぶし銀のビーズをすくい、さらにいぶし銀の新しいビーズを通す。右のテグスも同様に、いぶし銀の新しいビーズを通し、次に2段目の11回目に編んだモチーフの左側のいぶし銀のビーズをすくい、さらにいぶし銀の新しいビーズを通す。いぶし銀の新しいビーズでテグスを交差させる。
20) 左のテグスに黒い新しいビーズを通し、次に1段目の11回目に編んだモチーフの右側のいぶし銀のビーズをすくい、さらに黒い新しいビーズを3個通す。そして、1段目の1回目に編んだモチーフの左側のいぶし銀のビーズもすくう。右のテグスに黒い新しいビーズを通し、先に編んでおいた左側のテグスときつく結び、1段目の1回目に編んだモチーフの左側のいぶし銀のビーズに結び目を隠す。結び目を隠したら近くのビーズ5、6個にテグスを通してカットする。これで完成。(図22)

図21

図22
BACK 作り方2へ戻る

最後の方はかなり説明文が長くなってしまいましたが、図のとおりに編んでもらえればわかるのではないかと思います(^^;)
基本的に2段目、3段目はデザインが違うだけで同じ編み方です。
ちなみに、最初のモチーフを編む時に”ビーズを7個通して、新しいビーズでテグスを交差させる”なんて解説しましたが、はじめから8個ビーズを通して、一番最初に通したビーズで交差させてしまったっていいわけです(この場合は、銀-黒-黒-黒-銀-黒-黒-黒の順にビーズを通してくださいね)2つ目のモチーフも左のテグスに黒-銀-黒-銀と通して、右のテグスに黒-黒-黒と通せば、左のテグスに最後に通した銀のビーズで交差させられます。
”ここがわからないよ”というところがありましたら、メールや掲示板にご報告ください。個別に応対した上で、説明を書き加えますので、よろしくお願いいたします。
ネットステッチチャレンジャーがいらっしゃることを期待しています。